「元気に百歳」クラブのホームページへようこそ!
 
 

               

 
   2018年 秋の例会   
           出版記念例会 『元氣に百歳』19号

若々しく魅力的!全員集合の皆さん

10月14日(日)秋の佳き日に開催されました。
風格と気品ある会場「日立目白クラブ」は毎年好評です。
恒例のバザーを皮切りに正午より、名司会コンビの大山さんと奥田さんによる進行で、喜田代表の挨拶が行われ、会は賑やかにスタートしました。

代表の挨拶のポイントは次の二つでした。
(1)人生100年時代を迎え、約20年前に先輩たちが始めた「元気に百歳」という当会の活動は誇れるものだ。
(2)しかし、会員の平均年齢が約80歳になった。
設立20年を節目に会の組織や活動を簡素化する努力をしたい。

白澤卓二先生の講演
先生は「元気に百歳」クラブの例会でおなじみの、長寿学の権威で「御茶ノ水健康長寿クリニック」院長です。デール・プレデセン著、白澤卓二監修の『アルツハイマー病真実と終焉』に述べられた最新理論を分かりやすく解説して頂きました。
認知症の7割がアルツハイマー病であり、
その3大原因は、
1.脳の炎症、
2.ホルモン等の栄養因子不足、
3.毒(重金属、水銀、カビ等)
であり、早期なら9割が改善するということを学びました。
日常の注意点として、パン好きにはショックですが、グルテンが含まれるパン食をやめ、玄米食に換えて、ココナツオイルを摂る事等を心がけましょう。

懇親会と出版報告
会食は関西の向野代表の乾杯で始まり、クラブ誌19号執筆者がフォトムービーで紹介されました。
さらに出版チームの林リーダーのスピーチがありました。
「クラブを楽しんできた皆さんも気がつけば19年たち、平均年齢60才でスタートしたのに、いまや会員の平均年齢は79~80才となりました。
クラブ誌の収支もこの3年残念ながら赤字続きです。19号を迎えたクラブ誌もスタッフの労力を考え、来年の20号で最終号とすることになりました。歴史と思い出の詰まったクラブ誌ですが、やむを得ません。
この休刊を契機に、今後のクラブの在り方について、皆でよく考え、100の知恵を出し合って乗り切りたいものです」。


「夢工房」片桐社長(左端)と編集メンバ―

アトラクション
何とも異色な理学博士のピアニストが主宰する「マキナ アンド カンパニー」による、二人のバイオリンとピアノ演奏で、我々の青春時代の「エーデルワイス」、「ムーンリバー」などのポピュラー音楽にしばしうっとりでした。
シルバーにはとても優しいアーティストで「演奏途中でも自由にトイレに行ってください」という気づかいには皆にっこり。さらにクイズで脳の運動をしたり、歌を合唱して呼吸器の運動をしたりと、健康法と音楽をエンジョイした有意義で楽しいコンサートでした。

最後に恒例のじゃんけんゲームの後、皆で輪になって「今日の日はさよなら」の合唱をしました。皆様のご協力でバザーも6万円近く売り上げ、今回も盛会のうちに終了しました。   (清水研一)            
   
Copyright(C) V100C All Right Reserved